耐震工事・耐震診断 > 

住宅耐震改修特別控除

一定の適用要件を満たせば、住宅耐震改修特別控除を受けることが出来ます。

住宅耐震改修特別控除を受ける条件は?
①一定の計画区域内の住居であること
②自己の住居のための家であること
③昭和56年5月31日以前の耐震基準で建てられた住居であること
④現行の耐震基準に適合させるための改修であること

どれくらい控除を受けられるの?
平成21年1月1日〜平成25年12月31日の間に住宅耐震改修をした場合
住宅耐震改修の費用の10%(最高20万円)

申請に何が必要?
①住宅耐震改修特別控除額の計算明細書
② 住民票の写し
③住宅耐震改修証明書
 ※一級・二級建築士や地方公共団体など発行できる人が決められています。

この住宅耐震改修特別控の他に、住宅借入金等特別控除についての要件も満たせば、両方の控除を受けることが出来ます。

耐震診断

耐震工事

耐震について