耐震工事・耐震診断 > 

耐震診断の基準

どのような家が耐震工事の必要な耐震強度の弱い家というか?その判断基準を紹介します。

■1981年(昭和56年)以前に建てられた家
■階数を増やすなどの増築をした家
■屋根が重い家
■壁の配置や1階と2階の壁のバランスが悪い家
■シロアリ被害があったり、老朽化している家
■木造住宅の家
■地盤の弱いところに建っている家

これらの項目が一つでも当てはまると、決して強い家とは言えないでしょう。
また、これらの基準以外にもそれぞれの家で耐震強度を弱めてしまっている要因がある可能性があります。
ですが、必ずしも耐震工事をしなければいけないというわけではありません
また、業者の行う現地調査は時間も費用もかかってしまいます。
耐震工事をしなければいけないのかどうかと迷ったら、まずは相談してみるといいでしょう。

耐震診断

耐震工事

耐震について