耐震工事・耐震診断 > 

耐震診断とは

住居に耐震工事が必要かどうかを判断するのに、耐震診断をする必要があります。
耐震診断とは、主に一般診断と精密診断の2種類の診断方法があり、どちらも診断をするのに費用がかかるのが一般です。
一般診断とは、建物を壊すことなく耐震強度を調査する方法で、建物の外観や天井、床下からの観察などを材料に判断するものです。
精密診断とは、建物の一部を壊して専門家に細部にわたって調査してもらい、耐震強度を判断してもらう方法です。
これらの診断が必要ない場合もあるので、診断するかどうかの判断も大切です。

耐震診断

耐震工事

耐震について