耐震工事・耐震診断 > 

耐震工事の方法

耐震工事の方法は大きくは下記のような方法を取ります。

強い壁をバランスよく増やす

全ての壁を交換するのではなく、バランスよく筋交いを設置したり、構造用合板を設置することで壁の強度を増やす

屋根の軽量化する

木造住宅倒壊の原因の一つとして、瓦などの重い屋根材が挙げられています。この重い屋根瓦を鉄板などの軽い素材に変更することで地震への対策を行います。

柱・土台・梁・筋交いの接合部分に金物を追加

柱・土台・梁を組み合わせる為に各木材に凸凹の加工をしていたりするとその部分の強度が弱くなります。その部分に金物を追加して、抜けるのを防止します。

腐ったり、シロアリによる被害のある部分を取り換える

老朽化が進んでいる建物は特に柱や土台・梁などが腐っていたり、シロアリによる被害があったりと、もの自体の強度が下がってしまっている部分を新しく交換することで対策します。

基礎の強化

昭和56年に施行された新耐震基準では、「基礎は鉄筋コンクリート造とする」と定められていますが、それ以前は基礎について規定がなかったため、「石を置いただけの基礎」「鉄筋なしのコンクリート」「」いろいろな種類の基礎が存在します。
基礎はその名の通り、家の基礎ですので耐震工事の際には一番重要な部分になります。

耐震診断

耐震工事

耐震について