耐震工事・耐震診断 > 

耐震補強とは

耐震補強とは、文字通り地震が起きたときに建物が崩壊しにくく補強することです。
壁を増やしたり基盤を補強したり、また金具を取り付けたりなど様々な方法があります。
耐震工事では、屋根を軽いものに取り替えることもします。
それぞれの住宅によってどのような欠点があるかは異なります
建て方によって縦揺れに弱い建物や横揺れに弱い建物があったり、また、昭和56年の建築基準法改正以前に建てられた住宅の基礎はコンクリートではないので、基礎が非常に弱い作りになっていたりと様々です。
このように住居によって必要な工事は様々なので、耐震補強をするときは耐震診断を行ってどのような工事が必要になるかを見極めなくてはいけないのです。

耐震診断

耐震工事

耐震について