耐震工事・耐震診断 > 

耐震Q&A

耐震診断について教えてください。

耐震診断とは、どのくらいの地震に耐えられるかを目安に、建物の現状・建築状況などを調査してもらうことです。

耐震工事とは何でしょうか。

耐震工事とは、耐震診断の結果を元に、お家の地震に対する弱点を補強する工事のことです。 人間に例えると治療の様なものにあたります。

耐震診断はどうやってすればいいのでしょうか。

やはり、専門家にお任せしましょう。 当サイトにお問い合わせ頂ければ、お客様の地域の専門の耐震診断士をご紹介致します。

見積りをしてしつこいセールスをされることはないのでしょうか。

大丈夫です。 耐震診断と工事見積額を照らし合わせ、ご検討ください。 また信頼できる業者を当サイトが紹介申しあげます。

耐震工事だけをしたいのですが。。。

できないことはありませんが、やはり最初にしっかりとご自宅の現状認識をされることをお勧め致します。 何を補強するのか、最初にはっきりと決めておけば、業者さんの言いなりに、ということにもならず、 安心です。

自宅が古くて心配しているのですが、築年数と耐震性との関係はやはりあるのでしょうか。

阪神淡路大震災では、建築基準法改正(昭和56年6月1日)の前後、どちらで建築がなされたかで、 倒壊した割合の程度が違ったと言われております。 また平成12年にも建築基準法が改正しておりますので、そのあたりを目安に耐震診断するしないを 判断してもよろしいのではないかと思います。

耐震診断の費用はいくらぐらいでしょうか。

相場は大体、一般診断5万円~10万円です。 ですが、自治体によっては無料診断を受けられたり、費用の助成制度などがあるところもございます。

耐震補強の費用はいくらぐらいでしょうか。

建物の状態やどの程度強化するかによって、100万円から1000万円以上までまちまちです。 先ず耐震診断をして、見積りと耐震設計をしてもらうことをお勧めします。 一般的には150万円~300万円程度で耐震工事が可能です。 工事に取り掛かる前に必ず耐震診断をし、耐震設計・見積りを提出してもらいましょう。

業者さんはどうやって選べばよいの。

当サイトを利用して頂ければ、そのまま全国の施工業者の中から信頼できる業者をご紹介します。

リフォームも同時にしたいのですが。

工事によりますが、原則可能です。工事によっては同時に行うことで費用をおさえられるケースもあります。

地盤が悪いところはしてもしなくても同じじゃないの。

地盤は変えることはできませんが、建物を変えることはできます。耐震補強によって、 建物の倒壊率を低くおさえ、少しでも被害を小さく抑えることをお勧めします。

耐震診断

耐震工事

耐震について